2016年10月31日更新

結婚する相手は妥協?

自分の理想条件を削るのでそう感じるものなのです

ツイート
10views

復縁ちょっと待った!ほんとに復縁していいの?⑩

~適齢期女子が、自分の結婚観を話すポイント~

今の夫も、初めはただの知り合い程度でした。

寂しい時間をもてあましていたので、その人の趣味に付き合ってみました。


そして、いままでの恋愛についても

まだ夫を異性と意識してないうちに話してみたのです。

その流れで

将来の理想やどんな家庭をもちたいかなど、意外と具体的な話ができました。


意外と家庭環境が似ていて、家庭の理想像が似ていたんです。


まだあまり、男性として意識していなかったので、

繕わず素直な自分で話すことができました。


そう、今までの私は、自分の親などは無関係に本当の自分を無視し、

着飾った理想ばかり追い求めていたのです。


今の夫には、キャピキャピした理想ではなく、

自分の育った環境の延長のようなフツーの家庭像です。


それがいいんです。

あーなんか面白みのない話だったかなーなんて思ったものの、

そのあと私はいまのパパに大きなクッションのような温かい安らぎを覚えていました。


いままでの彼に浮かれた気持ちになるような感覚ではなく、

全然違う、傷ついた羽を下ろせたような不思議な温かい感覚です。


あー私は、相当疲れ、傷ついていたのだなーと思いました。


そして、子供を産んでもしたい事はあった私は、

長年一緒にいる相手に、自分を取り繕う時間は無駄だなとわかりました。


あの頃の私は、

大雨の中、

段ボールにいれられた猫のような孤独感

だったのですが、


それを拾ってくれた夫との出会いと

自分の選択に間違いはなかったと思います。

シェアする気になったらシェアする

つぶやく
シェア