2016年11月01日更新

焦らして焦らして、相談事で復縁しよう

男性は、弱っている女性は助けたくなる。それが元カノなら尚更なのです。でも頼ってばかりは、面倒な女と思われて終わりです。ここぞという時までは普通に接していく、それがコツなのです。

ツイート
2views

自分から連絡はほどほどに

連絡はこまめにする方がいい、なんて考えている女性は意外と多いものですが、実は逆なのです。男性は元カノに対して他の女性とは別個に考えている可能性は高いです。なので、できるだけ向こうからの連絡を待つのがいいでしょう。そして、たまに遊びに誘ってみると男性は嬉しくなるものなのです。元カノからの誘い、というだけで男性は期待します。

スキンシップはほどほどに

家族のことや友達のことを、自分のことをよく知っている元カレに相談したくなるのは当然のことです。なので、元カレと連絡を取り合っていれば、必然的に元カレは友達に近い存在になります。だけど、友達枠に入ってしまえば復縁するのはかなり難しい。そこで、スキンシップをするのです。ボディタッチをしたり、恋人にしかしない会話をしたり、とにかく普通の友達とは違う、ということを見せましょう。ただ、ここでまた元カレを焦らしましょう。スキンシップもやり過ぎないことが大切です。元カレをドキッとさせつつ、まだ好きだということはバレないようにしていきましょう。

奥の手を出すまで相談はほどほどに

先述したことと似ているのですが、実は元カレに相談するときにここぞというときまで残しておいた方がいいものがあります。それが、恋の相談です。内容は何でもいいですが、ここで弱っている姿を存分に見せましょう。きっと、相談に乗ってくれるでしょう。そして、そのまま「○○と付き合ってたら幸せだったのにな。」などと言えば、元カレと付き合う日は近いでしょう。
なので、その時までは相談はほどほどにし、奥の手を際立たせましょう。

シェアする気になったらシェアする

つぶやく
シェア

関連するキーワードキーワードからまとめを探す